お悩み相談コーナー⑤ぐっすり眠りたい方へ

お悩み相談コーナー

悩み相談⑤ ぐっすり眠りたい方へ 

よく、不眠で悩まされている方がいらっしゃいます。

いくら横になっても眠れない、何かを考えてしまう。
そんな方にとっておきの情報があります!

それは食事です。
・大豆
L-トリプトファンは、脳神経を鎮めるセロトニンを作るのに欠かせない栄養素

・ホットミルク
牛乳に少量の砂糖を加えたホットミルクを飲むと、朝まで血糖値が維持されることがわかっています

・プレバイオティクス
ストレスを受けた後のレム睡眠とノンレム睡眠の両方を改善するという。

・キウイ
キウイには抗酸化物質とセロトニンが豊富に含まれています。そのため、睡眠障害の解消に役立ちます

・レンズ豆
レンズ豆には葉酸が豊富に含まれています。葉酸が不足すると睡眠障害を招く恐れがあるのですが、レンズ豆を食べることで、しっかりと補給できます

こちらの5種類の食べ物は、睡眠を促す上で重要な食べ物、飲み物となっています。

一つ一つに効果効能を書いてみました。
よく、ホットミルクを飲むと自律神経が良くなると聞いているのはこのためだったんですね。
とても勉強になります。

悩み相談⑤ ぐっすり眠りたいのに眠れない原因 

ストレス
1つ目はストレスです。心理的なストレスや緊張状態は睡眠に大きく関係します。嫌なことがあって悩んでいる、会社、学校でのトラブルで明日も行かなくてはならないという場合に、ストレスで眠れないということがあります

2つ目は体内時計の乱れです。不規則なシフトなどで昼夜逆転の生活をしている方は、体内時計が乱れてる可能性があり、夜眠ろうと思ってもなかなか眠れないことがあります。

3つ目は環境です。音や光、気温や湿度は睡眠に影響を及ぼします。携帯やパソコンのブルーライトは脳を活性化させてしまうため、原因になりえます。

4つ目は刺激物の摂取です。カフェインが含まれている飲み物などを摂取してしまうと、脳に対する刺激が強く、それもまた原因になります。

5つ目は加齢です。年を重ねると体内時計が前倒しになるため、早い時間に眠くなり、早い時間に目が覚めます。

6つ目は身体や心の病気です。うつ病、統合失調症、自律神経失調症、心の病気全般に対する不安、恐怖などで眠れないという方がいらっしゃいます。脳はその病気により、どうしたらよいのだろうか?いつ治るのだろうか?という大きな原因を探るために、考えが収まらず、眠れなくなる場合があります。

悩み相談⑤ まとめ 

・食事を見直す
・原因を探り、解消する。

中々難しいので、紙に一度書いてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました